プロフィール


田山ひろみ(ピアノ&ヴォーカル) 

1960年東京に生まれる。
6歳からピアノを、14歳から声楽を学ぶ。
20歳よりジャズに目覚め、都内のレストラン、ホテル等でピアニストとして活動を始める。
24歳よりジャズヴォーカリスト故・峰純子氏に師事。28歳より、都内近県のライブハウスでジャズヴォーカリストとして活動を始める。
1998年には武蔵野スイングホールにでファーストコンサートを開く。
続いて2008年に歌手生活20周年記念ライブ、2013年に歌手生活25周年記念ライブを新宿「SOMEDAY」にて行う。
2002年にはファーストCD「My favorite things」をリリース。
2010年には音楽ユニット「ベバドール」として、「お蕎麦でサンバ」をリリース。
音楽のかたわら演劇ユニットとの活動も多く、中でもひとり芝居の名優愚安亭游佐演じる「こころに海をもつ男」では、2001年よりピアノと歌を担当し、東北、北海道、東京の劇場で上演し、今なお再演が続いている。
現在も自らのバンドでジャズヴォーカリストとして活動しながら、ピアノ弾き語りのライブ、ジャズ、ラテン、シャンソン、日本歌謡など幅広いジャンルのヴォーカリストのサポート、イベント、ラジオ、録音など、精力的に活動中。